パウダーファンデーションの特徴とメリットデメリット

パウダーファンデーションはファンデーションの基本とも言われる物です。
パウダーファンデーションを使っている方は多いのでは無いでしょうか。

パウダーファンデーションのメリット

パウダーファンデーションは、とても塗るのが簡単です。
パフにファンデーションを付けて、肌の上を滑らせるだけで簡単に塗る事が出来ます。
初めてファンデーションを塗る方でも、厚くならずにしっかりとファンデーションを塗る事が出来るのでは無いでしょうか。

屋外でお化粧直しをする時も、コンパクトを開けてパフで肌を滑らせればよいだけなのでとても簡単に治す事が出来るでしょう。

パウダーファンデーションは、初心者向けのファンデーションだと言えます。

 

デメリットは?

そんなパウダーファンデーションにもデメリットはあります。

まずは、パウダーファンデーションはどうしてもファンデーションを塗った感が出てしまう事でしょう。
リキッドファンデーションと違い、自然な感じにする事は難しいのです。
また、うす付きのパウダーファンデーションはカバー力が薄く綺麗に肌の粗を隠す事が出来ません。
自然さ、もしくはカバー力のどちらかしか取る事が出来ないでしょう。

 

パフについて

また、パウダーファンデーションのパフは定期的に洗ったり取り換える必要が有ります。
パフは雑菌が多く含まれる物です。
手で塗る事が出来るリキッドファンデーションと違い、
パフを使う必要があるパウダーファンデーションはパフのお手入れをする必要があると言う事です。

気軽に使う事が出来ますが、定期的なパフの管理は大変なのでは無いでしょうか。