リキッドファンデーションの特徴とメリットデメリット

リキッドファンデーションは、どのようなメリット、デメリットがあるのでしょうか。

リキッドファンデーションのメリット

リキッドファンデーションのメリットは、やはりカバー力が高いと言う点なのでは無いでしょうか。
リキッドになっているため、肌にしっかりと浸透させる事が出来ます。
その為、高いカバー力を維持する事が出来るでしょう。

また、リキッド上になっているので乾燥肌の方でも粉吹きする事なく付ける事が出来ます。
パウダーファンデーションを塗ると粉吹きしてしまう、乾燥が気になると言う方はリキッドファンデーションを付けると良いでしょう。

リキッドファンデーションは塗り方によってはとても自然で、ファンデーションを塗っていないかのように出来るとも言われています。

 

リキッドファンデーションのデメリット

しかし、リキッドファンデーションにもデメリットはあります。
まずは、塗り方が難しいと言う事です。
リキッドファンデーションは、量や塗り方の調整が難しいと言われています。
綺麗に塗る事が出来れば、とても自然に肌をきれいに見せる事が出来るでしょう。
しかし、リキッドファンデーションに慣れていない場合は、どうしてもムラが出来てしまったり色が厚くなってしまうと言われています。

 

 

また、リキッドファンデーションは屋外でお化粧直しがし難いのでは無いでしょうか。
パウダーファンデーションと違い、リキッドファンデーションはリキッドを出して肌全体に塗らなければいけません。

 
部分的に治す事は可能ですが、簡単にお化粧直すをする事が出来ないのがデメリットの一つです。