ファンデーションの塗り方

ファンデーションの基本的な塗り方

ファンデーションはタイプによって塗り方が異なります。
また、タイプ別に分けても人によって塗り方が異なる物でしょう。

パウダーファンデーションの塗り方

まずはパウダーファンデーションです。
パウダーファンデーションは基本的にはパフを使って塗る方が多いのでは無いでしょうか。
パウダーファンデーションには最初からパフが付属しています。
パフにファンデーションを付けて、肌にしっかりと塗っていきましょう。

最近はパウダーファンデーションをブラシで塗る方も増えていますね。
ブラシでパウダーファンデーションを塗る事で、自然に塗る事が出来厚塗りを防止する事が出来るでしょう。
また、毛穴をしっかりと隠す事が出来ると言われています。

リキッドファンデーションの塗り方

リキッドファンデーションはパフで塗る方と手で塗る方が多いのでは無いでしょうか。

パフの場合は、パフ本体にリキッドファンデーションを塗る、もしくは顔に部分的にリキッドファンデーションを付けそこから直接伸ばしていくパターンがあります。

手で付ける場合は、手にパウダーファンデーションを付ける、もしくはパフと同じ様に顔に部分的に付けた後に伸ばしていく方法を取る方が多いでしょう。

リキッドファンデーションは量の調節がとても難しい物です。
その為、最初は少しずつ付けていくようにしましょう。
リキッドファンデーションはつけ終わった後はお粉等をはたくとファンデーションが落ち着き持ちも良くなります。

また、コンシーラーですがパウダーファンデーションの場合はファンデーションの後に、リキッドの場合はファンデーションの前に付けて置きましょう。